ターボファンは、広範囲に風を送ることによって効果をもたらす機械となっています。風の流れをコントロールして、煙やホコリが特定の場所にたまらないようにしているのです。この特徴を活かすことで、効果的に換気することが可能です。例えば飲食店やスーパーなどは、営業している時間内に箒や掃除機を使用して掃除をすることはとても難しいですが、ターボファンで除塵することで、お客さんに不快な思いを与えることなく店内の環境を清潔に保つことが可能です。さらに厨房では熱がこもりがちになりますが、ターボファンを用いて排熱をすることで、快適な環境下で調理することができます。さらに風の流れを作ることによって、エアコンの効果を高めるメリットもあります。このように飲食店やスーパーなどのサービス業で幅広く使用されています。

換気設備で使用されているターボファン

換気設備ではプロペラファン、ターボファン、シロッコファンといった、何れかの種類のファンが使用されています。それぞれのファンには特徴があり、適材適所で使用されています。プロペラファンは風量では優れていますが、動作音が大きいため気密性のある所には向いていません。気密性の点ではシロッコファンが有利です。そしてターボファンはこの中でも特に効率性に優れているファンとなっています。プロペラファンよりも動作音となる風切音が少なく、静穏性にも有利となっています。またシロッコファンと同じく、排気管を使用したダクト排気にも適しているファンとなっています。マンションやアパートなどの排気用として、一般的に活用されています。また直接野外に排気することができるのも、ターボファンの大きな特徴です。

特に静圧に優れているターボファン

換気設備で使用されているファンの中でも、プロペラファンは直接排気するのに高い効果を発揮しますが、静圧は低くなっているためダクト排気に使用することはありません。反面、シロッコファンは静圧といった点では優れているため、ダクト排気に向いています。そしてターボファンはシロッコファンに形状的に近く、シロッコファンよりも羽根の幅が広くて後ろ向きの角度で羽根が付けられています。それによって排気効率がこの3点のファンの中で最も優れており、静圧といった面でもシロッコファンよりも優れています。因みに静圧とは、風の様に空気の流動がある際の動圧に対し、空気の流動が無い状況での圧力を指しています。そのため、ターボファンは気密性が高くなっている環境下での換気において高い効果を発揮するのです。